チタンの加工は、一般的には難加工と言われています。
チタンが難加工と言われている理由は、ヤング率が低いがスプリングバックの量が大きい(体力/ヤング率)。
加工硬化指数(n値)が他のどの金属より小さい。⇒これは局部変形し易い特長があります。
化学的活性が強く他の金属との親和力が強い⇒これは成形時の金型・工具との焼き付き(カジリ付き)が発生します。
この金型・工具材料との焼き付き、或いは磨耗を軽減するためには、潤滑を適性に行う事が重要になります。
又、チタン材料の表面に圧延時の炭化酸化被膜(茶色)が残る場合があり、金型の表面汚染になる場合があります。

この様にチタンの絞り加工には難題がありますが、弊社はこれらの課題をすべて克服し、精密な絞りプレス加工品を提供することが出来ます。

チタン加工品の詳細はココをクリック。
       ⇓