金属の「バリ」とは、金属材料を加工した時に発生する不要な素材の出っ張りのことです。
「かえり」と表現することもあります。

日本産業規格JISでは、JIS B 0051に「かどのエッジにおける、幾何学的な形状の外側の残留物で機械加工又は成形工程における
部品上の残留物」と定義されています。
樹脂成型などでも「バリ」は発生しますが、ここでは金属の「バリ」について記載します。

機械加工の切削加工やプレス加工、切断加工などにおいて「バリ」は発生します。
「バリ」の問題は、「バリ」が発生すると計測が正確に出来ないことや、部品の組付け精度に問題が出たり、「バリ」が短絡
し誤作動の原因になったりします。
又、「バリ」を直接手で触れると怪我をすることもあります。

この様にやっかいな「バリ」を取る作業として「バリ取り」加工があります。
「バリ取り」の手法として、バレル研磨、やすりやリーマ加工、機械加工的に削り取り、化学研磨、電解研磨等々その手法は
多くの種類があります。
部品図面の注記に『バリなきこと』と謳われている図面も珍しくありません。
「バリ」をわざわざ別工程で「バリ取り」すると、コストや時間の点でマイナス要因になりますのでものづくりに於いては、
「バリ」発生がない精度ある加工技術が望まれています。


バリの少ないパイプ切断。「ファインカット」
パイプを切断した時に、一般のメタルソーの切断では「バリ」が発生します。
弊社の取り扱いの精密管においては、「バリ」少ないパイプカット品の提供が出来ます。