耐火繊維と言えば、ガラス繊維(Si系)やアルミナ(セラミック系繊維)、炭素繊維などがあるが、ここでは、炭素繊維につき記載します。

JIS規格では、炭素繊維は「有機繊維のプレカーサーを加熱炭素化処理して得られる、質量比で90%以上が炭素で構成される繊維。」と規定されています。
炭素繊維の種類としては、原材料がポリアクリロニトリル(PAN系)、コールタールピッチ(ピッチ系)、フェノール(フェノール系)と3種類あります。

生産量および使用量が最も大きいのはPAN系炭素繊維です。PAN系炭素繊維は、合成樹脂と複合化し炭素繊維強化プラスチック(CFRP)として活用されています。
炭素繊維は、軽くて強く弾性に富んだ繊維です。また炭素がもつ特性により、導電性・耐熱性・耐薬品性などを備えています。
熱膨張係数が小さいため、温度変化による大きさの変化が少ないのも特徴です。

弊社では、フェノール系の炭素繊維を取扱しています。
フェノール系炭素繊維は、低強力・低弾性の為、構造材用途には不向きですが、柔軟性がよく加工性が良いのが特徴です。
さらに相手攻撃性(基材をいためない、チクチクしない)が、他の炭素繊維に比べて非常に少ないのが特徴です。
又、非晶質炭素繊維(ローモジュラスタイプ)で、アモルファス構造です。
柔軟性と耐火・耐熱性の優れた点で、弊社のヒートバスターTK2の補助材として提供いたします。


超耐火繊維 MK509