紫外線反射用途用のアルミ反射板

紫外線反射用のアルミ反射板として、S103(旧:ART-103)、vega UV-C100、vega UV-C127を提供します。
S103(旧:ART-103)は、高純度鏡面アルミニウムにアルマイトを施した光反射材です。鏡面仕上げになっています。
vega UV-C100、vega UV-C127は、紫外線域の反射に特化し開発された増反射アルミ板です。
vega UV-C100は、鏡面仕上げ。正反射が高い材料。
vega UV-C127は、ブラスト仕上げ(梨地仕上げ)。拡散反射が高い材料。


紫外線用アルミ反射板『vega UV』

イタリア・アルメコ社によって製造されるvegaUVは、光の波長の中でも紫外線域の反射に特化し開発された増反射アルミ板です。
適切な使用条件下において、アルマイト処理製品やその他の製品に比べて極めて高い反射率を示します。
光源(ランプ・LED)の反射板として使用することにより、照度UPと光学制御において高いパフォーマンスを発揮することが可能です。高度に制御されたアルマイト及び真空蒸着処理により、厳しい環境である
紫外線域でも極めて高い性能を保証します。


紫外線用アルミ反射板『vega UV-C100』『vega UV-C127』
紫外線波長 254nm ・・・ 反射率 90%±2 

UV-C(短波長紫外線)への反射板に適しています。
アルミ反射板は機器の内側を覆い、必要とされる箇所にUV放射を集中させることにより、光源の出力を最大限に利用することが目的です。"
特に254nmのUV-Cは微生物(細菌、ウイルス、カビ)の殺菌に対して極めて有効です。DNAを破壊することで殺菌または不活性化します。
vega UV-Cは殺菌灯等の反射板として用いられることにより、殺菌効果を大幅に高めるために設計された商品です。



紫外線域の反射率 S103(旧:ART-103)、vega UV-C100、vega UV-C127


vega UVのカタログPDF