T O P
  レベラーカット(フラット カット)
 各種粘着
フィルムラミネート
 スリット加工
 金属ベルト
レーザー溶接ベルト
お問合せ
コイル(条)から平坦性に優れた板に加工します。
★金属の厚みt0.1oの材料もフラット性の優れた板にできます。
  薄い板のフラットカットを得意としています。
■ 金属材料ースリット・フラットカット
■ レベラーカット (フラット カット)
最小 最大
板厚範囲 0.1 13.0
板幅 範囲 25 1830
長さ 範囲 300 5000
*単位 mm
(但しt0.1oは、幅max400o)
各種フィルム同時貼り合せ・間紙挿入できます。下記、ご参照!
■ 各種粘着フィルムラミネート
最小 最大
板厚範囲 *お問合せ下さい。
板幅 範囲 25 1830
*単位 mm
★レーザー加工が出来るフィルムを貼ることが出来ます。
  レーザー加工時の扱い傷を防ぐ事が出来ます。お問合せ下さい!
■ 極細スリット加工
最小 最大
板厚範囲 0.015 3.0
板幅 範囲 0.3 500
*単位 mm
■ 金属ベルト  レーザー溶接ベルト  溶接部がフラット!
★トラバース巻きも出来ます。
  両面粘着テープとの複合材もスリット加工できます。
特徴 ■ レーザー溶接面がフラット
      両面からレーザー溶接を施し、充分な
      溶け込みを形成。その後に接合面を
      特殊圧延加工を施していますので、
      溶接部のアンダー(凹)が限りなくゼロに
      近い金属ベルトを提供できます。
    ■ 金属素材の機械的特性の変化を最小限に!
右の材料はアモルファス合金
■ ベルト製造特殊工程
@ 両面からレーザー加工を施します。
   充分な溶け込みを形成=強固な接合強度
   微量の凸(溶接部の両面)を形成
A 溶接部を幅方向に圧延加工
   溶接部をフラット(平坦)にし、且つ圧延により
   溶接部金属の硬度を上げる。

*金属材料に高強度焼入硬化型の金属を使用
することにより、溶接部の強度劣化がゼロの
ベルトも作成できます。